人生相談のタイトル画像

人生相談

悩みや不安を相談してみませんか?

「お寺」といいますと、「お葬式やお墓参りで行くところ」とイメージされる方も多いと思います。

ですが、そればかりではありません。

お寺には、人生の不安や悩みを相談するために訪れる方も多くいらっしゃいます。

そのような相談を聞くのも僧侶の役目なのです。

 

お釈迦さまは、相手の悩みや不安をお聞きになり、その上で、相手にあわせた教えを説かれています。

「お釈迦さま」そして「法華経」の教えは、今を生きる私たちにも、多くの智慧を授けて下さいます。

 

仕事や学業のこと、対人関係や経済的なこと、からだや病気のことなど、さまざまな不安や悩みを人は抱えています。

もし、ひとり自分で悩みそして迷っているのであれば、私たちにお話になってみませんか。

僧侶の立場から、お話をよく伺い、一緒に考えることが出来ればと思います。

 

 

九識霊断法(くしきれいだんほう)

九識霊断法(単に「霊断」と略すことも多いです)というのは、日蓮大聖人の遺された有り難い秘法で、法華経の信仰を具現化したものです。

私たちの運命を予知し、悪いものがあれば、それを改善し、運命を良い方向へと向かわせることが出来ます。

九識霊断法をお受けになりたい方は、お寺までご相談下さい。

 

九識(くしき)とは?

九識というのは、仏教用語の1つで、こころの一番奥深くにある、仏性=仏心(本当の自己)のことを意味し、

「本能」と「理性」という相反する心の作用をバランスさせて、心に調和をもたらす大切な働きをするものです。

 

霊断(れいだん)とは?

霊断とは、「霊山浄土・断疑生信」を略したもので、

霊山浄土(仏さまがお住まいになる国)に住むために、疑いを断って信(慈悲の心)をおこすという意味です。

 

浄土と言いますと、何かこの世には存在し得ない理想郷のようなものを想像される方もおられるでしょう。

しかしながら、法華経が説く浄土とは、私たちが一心に信心し日々精進すれば、今いるこの世界に実現できるものなのです。

 

霊断とは、このように信仰の意味を説いたことばです。

ですので、『霊断』と聞くと「悪い霊を断つ」などと勘違いをされてしまう方も多いのですが、そのような意味の言葉ではありません。

 

 

九識霊断法とは?

九識霊断法とは、相談内容(悩みごとや願いごと)を聞いた上で、霊断師(九識霊断法を行う者)がお題目のお力によって、

相談者の方に備わる九識(本当の自己)を探るものです。

すると、たちどころに、その方の運命と進むべき道を知ることが出来ます。

なぜなら、私たちの命の源、命の親である寿量御本仏さまが直接道を示して下さるからです。

 

九識(本当の自己)は、ひたむきに信心することによって現れて来ます。

一心にお題目を唱えて慈悲の心を持ち、自分に与えられた仕事に精進することによって、はじめて実感できるものなのです。

そして、運命に向かって進む道は、不思議と仏さまの大慈悲に満ちていることに気付けるでしょう。

大丈夫です、道は必ず開かれます。