口癖くちぐせで結構多く聞かれるのが「どうせ」や「また」などです。

皆さまも、よくこの言葉を使ってはいませんか。

 

「どうせ」とは、やる前から「できない」や「できるわけない」とやってもいないうちから、

マイナスの結果を想定したあきらめの言葉としてよく使われています。

それは、自らをなんとおとしめている言葉ではないでしょうか。

そうではなくて、おのれ自身を信じてまず第一歩を踏みだしてみてください。

そうすれば、今見ている、考えていることとは違った情景(結果)が見えてくるはずです。

 

一歩一歩と進むうちに、当初予想もしていなかった結果が表れ、

さらに本気(真剣)になって物事を進めている自分を発見(気づく)できるでしょう。

 

「また」という言葉も同じです。

「どうせ」や「また」「しかし」「そんなこと言うけれど」も同じ、物事を否定するマイナス言葉です。

これらを多々使っているとプラス思考にはなれず、なかなか前に進むための第一歩がでないことでしょう。

 

どうか、自分自身を信じて第一歩を踏みだしてください。新たな自分自身に気づくはずです。

また、「どうせ」には別の使い方もあります。

「どうせやるなら! 頑張ろう」です。