この一節は方人かたうど、つまり味方よりもむしろ自分を迫害する強敵ごうてきこそが、

信仰(自分自身)を育ててくれる恩人であると説かれています。

いかなる苦しみにも屈するなということです。

 

極楽とは「楽の極み」と書くように、

そこには悪人もいなければ苦しみもないといわれています。

 

一方、私たちが生きるこの世界を娑婆しゃばと呼びます。

また忍土にんどとも表現されるように、まさに苦しみが充満してしまい、それに堪え忍ぶ世界のことです。

だからこそ、苦のない世界を望むのです。

 

しかし、ひるがえって考えてみた時、苦のない所(世界)に自己の成長や進歩があるのでしょうか。

 

アスリートや成功者たちを見てください。

なんの苦も努力もなく、勝利や栄冠・地位・名誉などをつかんではいないはずです。

何時如何いついかなる時においても逆境を乗り越えてきたからこそ、

あの笑顔が自信が生まれてくるのではないでしょうか。