盂蘭盆(お盆)は、お釈迦さまのお弟子さまの一人、目連尊者さまが、死後餓鬼道にちてしまった母親を救う供養の姿・心から始まりました。

 

それが日本に伝わり、推古天皇の時代(592~628)に、宮中の正式な行事として始まり、

やがて寺院の法要となり、次第に一般化され、そして現在の供養の姿(形)になったのです。

 

供養とは、生きとし生けるもの、また花や物だけではなく、合掌(思いやる心)する心や姿そのものです。

供養(亡くなられた方を思いやり、手(心の思い、供養のための品々、読経・写経)を差しのべる姿勢)されて死者は安らかになり、

生者(私達自身、家族、親族等)は、穏やかになるのです。

これがお盆です。

 

死後、餓鬼道にちてしまった母親を救おうとして、目連尊者さまが供養をされますが、それは餓鬼道から救うのみで、

まことの成仏ではないと、日蓮大聖人さまは示されました。

それは、供養する本人である目連尊者さま自身も、成仏しなければならないということです。

 

つまり、死者と生者が同時に成仏(仏の心・思いやる心)となることが大事なのです。

 

 

平成28年8月1日