よこしまな教えは、正しい教えがあらわれたときに消える運命さだめです。

これを、古来「みなもとつくれば流れきる」と表現されてきました。

 

また逆に、正しい教えはみなもとまでさかのぼることができるので、きることはないのです。

それは、正しい教えをやしてはならないということも意味しているのです。

 

現代いま、さまざまな自然災害(大地震・噴火・降雨による大洪水など)が起こっていますが、

どのような災害の時やその苦難の中でも、正しさ(正しいと思える心)を身に宿やどしていれば、

正教という流れは尽きることはないのです。

 

どうか合掌(正しい心と姿勢(すがた))して、身体と心を正しく持ち、

過去から現在、そして未来へとこの世の中が、戦争もなく自然災害に対しても速やかに行動できる平穏へいおん(平和)でありますよう、

さらに永遠に続きますよう祈り(正しい教え・心・行動・勇気)を捧げましょう。

 

 

平成28年6月1日