「功徳」とは、善い結果をめざす精進努力のことです。

精進・努力したのに、いろいろな失敗を積み重ねてしまうこともあるでしょう。

無駄だったと思うこともあるかもしれません。

ですが「失敗は成功のもと」ともいわれるように、自身の精進・努力は必ず報われるものです。

 

「妙」は、細やかで美しく、優れている様子を表します。

さらには自然や人、文物・文化を見て、その心に触れることを意味しており、

このような経験によって、総ての本質を正しく知ることができるようになります。

 

花が種や実となるように、「妙」の文字には、凡人(衆生=全ての人々)が仏となる不思議な力があると、

日蓮大聖人さまは信仰の世界を示されました。

そして、「妙」とは一切(全て)の功徳を合わせたものだと結ばれています。

 

目先の結果(成功したとか失敗したとかいった思い)ばかりに囚われず、

自分自身の行動に自信と誇りを持つことが大事です。

 

今年一年の総てのこと(感謝と反省=お礼とお詫び)を「妙」の一字に集約し、

新しい年をより良く過ごす事ができるように、

また安穏(平和)な社会(世界)が実現するように、

さらには私たちの家族の生活が良くなるように、

言動(言葉と行い)を大事にするように。

この祈り(祈願)が目的を成就することになるのです。

 

 

 

平成27年12月1日