この『事理供養御書』というご遺文は、信徒からのお供え物に対しての日蓮大聖人さまからのお礼状です。

財(宝)のなかで≪いのち≫こそが、一番であると示されたものです。

 

日蓮大聖人さまは、「人として正しく生きる」という≪志し≫を立てることが大切だとされ、

私たちがこの教えを信じたとき、生活や営みのすべては仏さまの教えの世界になると示されました。

 

月を見て美しく感じ、花を愛でて気持ちがなごむのは、私たちの心がそれらと呼応するからです。

すなわち、私たちの心にはすでに月は美しいもの、花は愛らしいものと感じる清らかな心があるからです。

 

しかし、私たちは忙しい生活を送るうちに、知らず知らずのうちに和やかさや穏やかさを失い、

美しく清らかな心の存在を忘れてしまいがちです。

 

そんな時、一呼吸し、間をとり合掌し、ありがたいと感謝の心を思えば、

あなたの心の奥にしまわれている月や花を呼び起こし、

私たちが持つ本当の心を呼び起こし、取り戻すことができるのです。

 

 

平成27年9月1日