今月に入り、ますます急速な拡大をみせる変異株による新型コロナウィルス。

先月末から3回目の緊急事態宣言による自粛じしゅく期間に入り、不要不急の外出自粛、自宅から外出を控えるようになりました。

そのようなコロナ自粛から自宅で簡単に、しかも豪華に美味しく作れるレシピが

テレビやネット(SNS等)などで多く紹介されています。

 

しかし、いくら創意工夫されたレシピでも実際自ら作ってみないと、その美味しさは味わえません。

大切なのは自分で試して、実際に作ってみることです。

何事においても「万事見て、学んで、やってみる」これが、自分自身に身につく極意です。

まして、人生に味をかもしだす信仰においては、決して忘れてはならない心得こころえではないでしょうか。

 

法華経『如来寿量品第十六』の一節に「なんじ取ってふくすべし」という教えが解かれています。

自らが手を伸ばして、そして自分の口に入れることで、本当の味をかみめられるということなのです。

それがたとえにがくても、からくても、あまくても、どこまでも食らいつくことで真味しんみが分かるのです。

そしてその覚悟が最重要だと説いているのです。

 

これは、人生においてもいえることなのです。

たとえつらくても、何度怒られても、悲しくても、おかしくても、怒り狂ときでも、どこまでも絶え偲んでガマンする、

そしてそこから自らをふるいたたせ、思い(想い)、考え、行動する、

だからこそ人は成長し、大きくなっていくのです。

 

途中で自分自身に負けてしまうと、何をやってもうまくいかず、

うまくいかない原因をすぐ他人のせいにしてしまう、他人を犯罪者扱いにしてしまい、自分を擁護ようごしてしまいがちになります。

これは自分自身にうそをついているここと同じことなのです。

どうか、自分に正直に、与えられた課題をクリアして成長していこうではありませんか。

 

「他人の解説を聞いて分かった気になるな。自分で試しなさい」これがこのお言葉の根底にあるのです。

まずはレッツ・トライです。

 

令和3年5月1日                   法修山一心寺