「父」の字のり立ちは、一説には手斧ておのを持って大地を切り開く姿を表現しており、

「母」という字は、その大地で子をはぐく乳房ちぶさを表しているといわれています(諸説ありますが)。

また一方では、

「子」という字は、大地から少し頭を出し、どんどん頭髪とうはつが伸びる様子を表しているともいわれています。

 

しかし、昨今さっこん世相せそうを見るとその字に込められた思いが、

だんだん忘れられているように思えてなりません。

その原因の1つには、親ならこうしてくれるはず、子ならこうあるべきと

お互いがお互いを勝手に作り上げた理想像、理想の姿を押しつけ合っているためではないでしょうか。

 

この関係の潤滑油には「孝」があるでしょう。

「孝」の成り立ちは成長の極みを表した「老」から生まれたといわれています。

「孝」とは、子の親に対する道徳、孝行であり、

親を敬愛することを基本とするという意味合いをもちます。

 

ですから親はこういうもの、子はこういうものというように、

勝手に作り上げた理想像ではなく人類が誕生してからこの方、自然に成り立ってきた姿なのです。

 

しかし、昨今は報道にもあるように親子の関係で殺傷したり、他人のふりをしたりと

「孝」が薄れ無くなってきているように思われてなりません。

 

不孝は不幸の始まり。

現在、新型コロナや自然現象による物価高や景気の落ち込みなど、多々悪いことが重なってはいますが、

先人の思いを振り返り、家族幸せに暮らしていきたいものです。

 

また、日蓮大聖人さまの言われている「不孝」とは、人倫の親子関係に留まらず、諸天善神さまの慈悲に気づかずに背くこと。

※ 諸天善神さま:本仏釈尊や家や会社を守られているご守護神、一個人を守っておられる守護神

それが最も重い罪(不幸=不孝)になるということです。

 

令和2年9月1日                   法修山一心寺