「苦しい時の神頼み」とよくいいます。

人は、それほど強い生き物ではありません。

日頃手をあわさない人でも、病気になった時や大きな困難に遭遇そうぐうした時、神仏にすがりたくなり手をあわたくなります。

これは自然のじょうともいえるのではないでしょうか。

 

じんえた大いなる存在(大宇宙(自然界)の力=寿量ご本仏=神さま・仏さま)に頭をれて祈りを捧げます。

ここに信仰との出会いがあるのではないでしょうか。

そう考えるならば、苦しみも神仏の慈悲(人の体や心を成長させていただける力・心)のあらわれといえるのではないでしょうか。

 

ただ大切なのは「喉元のどもと過ぎれば熱さを忘れる」ではありませんが、

良くなってから神仏にすがり、助けていただいた(教えていただいた)ことを忘れてしまい、何事もなかったように過ごしていく、

つまりは知恩報恩(恩を知って恩に報いる=智慧を恩を教えていただいてその恩に感謝する)を忘れて神仏をないがしろにしてしまうことです。

さらには、法華経に『変化の人を使わせて』とありますように、

いろんな人に助けてもらいながら、その助けていただいた恩を忘れ、ないがしろにしてしまうことです。

重々用じゅうじゅうようじんしなければならない私たちのさがではないでしょうか。

 

「知恩報恩」人の心にとって大切なことです。

 

 

令和元年10月1日  法修山一心寺