「火の如き信仰」あるいは「水の如き信仰」と、日蓮大聖人さまはよく申されています。

 

それは、燃えさかる信仰(熱しやすく、また冷めやすい)も大切ではありますが、

淡々たんたんと流れ続ける水のような信仰(揺らぐことなく永遠に続いていくこと)こそが肝心かんじんであるということです。

そして、流れるとは自身のみならず、次の代に、そのまた次の代にとつながっていく(繋げていく)ことも含まれているのです。

 

近頃では「信仰は、自分一代のもの。子や孫に強制するつもりはない」と、言われる方もおられます。

一見いっけん物わかりがよさそうですが、それは違います。

信仰とは生きていく上での土台(基礎)となるもの、何物にもがた遺産いさんなのです。

 

信仰とは、信じて貫き通すこと。

仕事においても、家庭においても、対人関係においても、思考して熟慮して、さらに良い方向に進んでいくように、また物事が成功するように、

そして成功したならば、それ以上に良くなるように次の代に、さらに良くなるようにそのまた次の代に繫げていくことです。

 

それと同時によくなるように祈り、悟り(良くなるための答え)、行う(良くなるように行動する)ことが大事なのです。

それを、何故どうして次の代に譲ってあげないのでしょうか。次の代に教えてあげないのでしょうか。

 

今一度熟慮してみてください。