そですりあうも多生のえん。つまずく石もえんはし

とよく言います。

しかし、出会いは日々の生活のなかではむしろ「偶然」と考えていませんか。

ここにさまざまなあやまち(間違い)と後悔こうかいを生む要因よういん(原因)があるのではないでしょうか。

 

ところで「鳥瞰ちょうかん」という言葉があります。

字の如く、鳥になったつもりで高い所から全体を見渡す。また、全体を広く見渡すという意味があります。

心の高度を上げることで、それまで見えてこなかったさまざまな結びつきの糸が見えてくるかもしれません。

その時、「偶然」ではなく、物事はすべて「必然ひつぜん」の出会いであったと理解できると思います。

 

上のご文章(今月の標語)は、日蓮大聖人さまが書かれたお手紙の一節です。

それは、大恩あるお釈迦さまの心(教え)に背くことを「謗法ほうぼう」と呼び、その行為を強くいましめておられます。

※ 謗法(ほうぼう): 法華経・お題目の教えに対して、悪口をいったり、逆らって信じなかったり、したがわないこと

そして、それは自らを地獄にとすことに他ならないとして、堕ちて行く先の地獄の様子を詳細に説かれています。

ことに、因果の法にうといことが堕地獄だじごくの大きな要因になるのです。

 

日々の信仰生活(盛運祈願祭・施餓鬼会法要=先祖供養)は、私たちに鳥瞰ちょうかんの目を養ってくれるはずです。