仏教(宗教)の根幹こんかんは、自らをかえりみることです。

その中でも自らがしたであろうい行い(智慧と行動)はいつまでも覚えているものですが、

日々犯しているであろう罪(不平や不満、愚痴ぐち不行ふぎょう等)は、果たして私たち自身がどこまで覚えているものでしょうか。

それは、知らず知らずのうちに誰かを傷つけているのかもしれません。

 

そんな私たちにとって、仏教の教えや法華経の信仰は、懺悔ざんげに始まり懺悔ざんげに終わる教えです。

そして、その懺悔ざんげの中でみずからの罪の重さ(事(知らず知らずのうちに犯したであろう罪)の重大さ)が自覚されてくるのです。

 

日蓮大聖人さまの教えの根本は、懺悔ざんげぎょうです。

懺悔ざんげの唱題(お題目)を積み重ねる中に、お釈迦さまに生かされている自己じこ(私たち自身)に気付くのです。

その時、懺悔ざんげの唱題は報恩の唱題ともなってくるのです。

 

日々の生活の中で、口(言葉)、行い、誘導(陰から授ける智慧=悪智慧)には、自分自身で常日頃から気を付けるように心がけ、

また物事をよく考え(意=心)てから、話(口)し、行動(身)しましょう。

 

※ 皆さまも周知のとおり、罪(悪いこと)と知りながら行動すること、それは犯罪です。